コロナ禍でも八幡宮で献灯祭 露店商も感染防止対策 (2021.1.16)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市の八幡宮(藤崎重康宮司)で14日夜、小正月行事の献灯祭が行われた。県内でも三条市の新型コロナウイルス感染者が突出するなかで行うことができ、参拝者もそれほど減らず、当たり前にあることのありがたさを実感させられる小正月の風物詩となった。

ことしも八幡宮で行われた献灯祭
ことしも八幡宮で行われた献灯祭

全国各地へ商いに飛び回る三条の金物商人が、商売繁盛と旅路の安全を願ったのが始まりとされる江戸時代から続く伝統行事。拝殿に並べた抱えるのもやっとな大きな和ろうそくを奉納し、御神灯を翌朝までともし続けて疫病退散や家内安全も祈願する。

ことしは大半が約20kgのろうそくを32社が34本を奉納した。午後7時から神事のあと、参拝者はそれぞれが奉納したろうそくに火打ち石で切り火を受けてから神前から分火した御神火を映して点火した。

三条市長のろうそくに点火する滝沢市長
三条市長のろうそくに点火する滝沢市長

この裏手の金山神社でも約2.5kgのろうそく80本が奉納されて同様に神事、点火と続いた。奉納されたろうそくは昨年よりそれぞれ1本少ない。

雪がまったくない年もあるが、ことしは年末年始からの大雪もあり、境内はひざくらいの高さまで雪が積もった。参道など人が歩くところは除雪して土が出て、あかりをともした17の露店が暗闇のなかにひときわ映えた。

ろうそくの火に手を合わせる参拝者
ろうそくの火に手を合わせる参拝者

神事のあと藤崎宮司は「伝統の献灯祭、従来とまったく同じで形で斎行することができたのは非常にうれしい」と喜び、「皆さまのご奉納のろうそくに火をともしていただき、そのろうそくのあかりで、ともすれば暗くなりがちな状況をなんとか明るく好転させていただきたい。そして三条のまち、皆さまの生活がまた元通りに戻りますようにお祈りしていただきたい」と話した。

奉納ろうそくの点火は慣例で三条市長が皮切り。昨年11月の市長に就任して初めて献灯祭を参拝した滝沢亮市長は、市内で感染拡大が続くなか、「小正月の行事がこのような形で開催されること自体、うれしく思うし、毎年同じことができること自体が多くの方に勇気を与えたと思う」と述べた。

金山神社でも奉納者が点火
金山神社でも奉納者が点火

「わたしも18年間、ずっとちっちゃいころからつらい冬を過ごしてきて、明けない冬はなく、絶対、楽しい春が訪れたので、今回も新型ウイルス禍にかなり多くの方が苦しんでいるが、絶対、明けない冬はないという気持ちで三条市一丸となって頑張っていきたい、乗り切っていきたい、乗り越えていきたいと考えている」と期待を込めた。

感染拡大で官民問わずさまざまな行事が中止や延期を余儀なくされている今、例年通りに行われた献灯祭がほっとさせてくれた。ただ、神事に訪れた奉納者約30人は、例年なら上段の間にぎゅうぎゅう詰めになって正座するところ、今回は7人にとどめてソーシャルディスタンスを確保。それ以外は奉納したろうそくのそばに立って参拝し、これもコロナ禍の時代の献灯祭の新様式だ。

露店にも飛沫防止シート
露店にも飛沫防止シート

参拝者の行列が例年のように境内の外までのびることもあったが、よく見ると参拝者が間隔を広めにとって自主的に密集するのを避けていて、コロナ禍を象徴していた。

露店商も例外ではない。感染防止対策を施さなければ客を敬遠させてしまうかもしれない。食べ物を扱う店は軒下に飛沫防止シートを下げ、アルコール除菌液も設置。ビニール手袋を着用したり、個包装にしたりとコロナ禍に対応する。

アルコール除菌液も用意
アルコール除菌液も用意

古くなったしめ縄や縁起物を燃やすたきあげ場の火に“あたりめ”をあぶって焼くのも献灯祭につきものの風景だが、毎年、あたりめを販売している露店商がことしは販売を見合わせた。スルメを裸で焼くのはさすがにコロナ禍では敬遠されるだろうとふんだ。

昨年はイベント中止で露店商は春先からほとんど出店機会がなくなり、仕事はあがったり。はなからすぐにコロナ禍が解消されるとは期待してもいないが、「なんとか夏祭りの始まる7月ごろには戻ってくれれば…」と願っていた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「タンポポ」月会費わずか500円の地域密着型の福利厚生プログラム
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com