「レトルトカレーの日」にあわせてレトルトカレー特集 (2021.2.10)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

2月12日の「レトルトカレーの日」にあわせて「道の駅 燕三条地場産センター」(新潟県三条市須頃1)で11日(木)から14日(日)までレトルトカレーと関連商品が販売される。

「レトルトカレーの日」の特設コーナー
「レトルトカレーの日」の特設コーナー

1968年(昭和43)の2月12日に世界初の市販用レトルトカレー「ボンカレー」が発売されたのにちなんで、2月12日が「ボンカレーの日」、「レトルトカレーの日」として一般社団法人日本記念日協会に認定、登録された。

「道の駅 燕三条地場産センター」ではコロナ禍で来店客が落ち込むなか、イベントで少しでも盛り上げられたらと初めて「レトルトカレーの日」に合わせたイベントを企画した。

販売するレトルトカレー
販売するレトルトカレー

特設コーナーでは、ふだんから扱っているレトルトカレーを特集。新潟名物とも言える「バスセンターカレー」(税込み540円)や三条市下田地区のコクワの実を使った「こくわやカレー」(540円)、見附市出身のスパイス料理研究家の一条もんこさん監修の「あたしのカレー(もんこのカレー)」(540円)、「五十六カレー舞茸入り」(540円)など7種類のレトルトカレーを集めて販売する。

さらにカレー専用スプーンやステンレス製のカレー皿、ソースポット、カレーせんべいなども販売。燕三条製のカレースプーンでレトルトカレーの歴史に思いをはせながらカレーを味わってほしいと来店を待っている。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「タンポポ」月会費わずか500円の地域密着型の福利厚生プログラム
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com