献血21回目のベテラン滝沢三条市長自ら献血して協力を呼びかけ (2021.2.15)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新型コロナウイルスの影響で献血バスの運行回数が減少し、輸血用の血液が不足するなか、15日に三条市厚生福祉会で行われた献血に過去20回、献血しているベテラン献血車の滝沢亮三条市長も自ら献血して協力を呼びかけた。

献血車で採血を受ける滝沢市長
献血車で採血を受ける滝沢市長

滝沢市長は35歳と若いが一橋大学時代、「貧乏学生時代にドーナツとアイスとジュースがほしくて」と、立川市や吉祥寺の献血センターで献血したと言う。

三条市に戻ってからは、昨年6月に燕三条青年会議所が献血を呼びかけた「愛の献血大作戦 in 燕三条」で献血して以来、2回目、通算21回目となった。コロナ禍で血液が足りないという状況から、献血に親しんでいることもあり、自ら献血することで献血のPRにつながればと発案した。

採血前の血圧測定
採血前の血圧測定

これまで採血前の血圧測定などで採血できなかったことは一度もなく、血圧は上が128、下が82でいたって健康。この日の食事はラーメンだったが、血液に悪い影響がないように気をつかって油の少ないみそラーメンに。献血車で400ml採血を受けた。

午後1時45分から3時半まで献血を受け付けた。この会場では毎回20人前後の献血があり、この日は滝沢市長の献血を聞きつけて献血に訪れた人もあり、ふだんより多めの26人が献血した。

献血の受け付け
献血の受け付け

採血前に滝沢市長は「昨今のコロナウイルス禍で献血の量もだいぶ少なくなってきていると聞いた。患者に必要な輸血用を血液を届けるためには、皆さまの温かい協力が必要となってくる。わたしも35歳、若くて血もあり余っているので、今回、少しばかりだが、協力させてもうらことになった」とあいさつした。

新潟県赤十字血液センター事業推進部献血推進課の江部宏生主事は、三条市内の献血会場は団体や企業の協力で本来、予定した献血会場に以上に献血車を配車させてもらっていると感謝し、滝沢市長が率先して献血してくれたことに「三条市に限らずこれを機に献血が増えてくれればありがたい」と話した。今後の三条市での献血の日程、受け付け時間、会場は次の通り。

■3月12日(金)
  • 午前9時〜正午/協同組合三条金属工業団地組合(塚野目)
  • 午後2時〜4時/済生会三条病院(大野畑)
■3月14日(日)
  • 午前10時〜午後0時15分・午後1時30分〜4時/イオン三条店(西裏館二丁目)
    ■3月18日(木)
    • 午前9時30分〜11時30分/(株)中央製版(下大浦)
    ■3月22日(月)
    • 午前9時30分〜11時30分/(株)フォーワテック・シ?ャハ?ン(直江町四丁目)
    • 午後2時〜4時/(株)野島角清製作所(福島新田)

    spacer コンテンツ
    spacer ショップ検索

    公共施設も検索可能
    分類別検索はここ

    ...詳細


    サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
    外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
    損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
    スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
    ハンズワタベ、0256-62-3899
    燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「タンポポ」月会費わずか500円の地域密着型の福利厚生プログラム
    帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
    空間除菌システム - 梨本商店
    三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
    スポンサードリンク

    ■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
    三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com