加茂市での東京五輪聖火展示に行列 (2021.2.21)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

21日午前10時から午後4時まで新潟県加茂市で東京五輪の聖火が展示されており、大勢の人が列をつくって順に聖火を見学している。

加茂市役所で行われている東京五輪聖火展示
加茂市役所で行われている東京五輪聖火展示

加茂市役所ロビーに聖火をともしたランタン、トーチ、聖火をアテネから日本へ運んだ輸送機の模型を展示している。開始式を行って藤田明美市長と昨年、聖火ランナーに選ばれた加茂市の書家、泉田佑子さん(44)があいさつ。山川雅己教育長と3人で聖火と並んで記念撮影してから市民に見学してもらった。

見学は申し込みは必要なく、会場で受け付けている。展示開始から30分ほどで数百人は会場を訪れ、市役所の外まで長い行列がのび、市役所付近は車で軽く渋滞した。聖火の前で見学は1組30秒以内に制限した。腰を曲げて少しでも聖火に目を近づけて見学したり、会場の担当者からスマホで記念写真を撮ってもらったりしている。

左から書家で聖火ランナーの泉田さん、藤田市長、山川教育長
左から書家で聖火ランナーの泉田さん、藤田市長、山川教育長
会場のにぎわい
会場のにぎわい

いちばん乗りは三条市曲谷、会社員堀江晃さん(42)。五輪の競技のチケットは買わなかったが、五輪関連グッズはいろいろ買っており、「県央地区でも展示されるというので、いちばん乗りしたかった」と展示開始2時間前の午前8時には市役所に到着した。

聖火を目の当たりにして「本物を見るとやっぱりすごいですね」と感激。「五輪まで新型コロナウイルスは収束しないような気がするけど、開催実現を期待して楽しみにしている」と話していた。

ランタンの中でともる聖火
ランタンの中でともる聖火

この聖火は昨年11月7日から全国14道府県で順に展示されている。新潟県内は5会場で、19日の妙高市に始まって20日は小千谷市、そして21日の加茂市のあと22日は新潟市、23日は胎内市で展示される。また、新潟県内での聖火リレーは6月5、6日に行われる。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「タンポポ」月会費わずか500円の地域密着型の福利厚生プログラム
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com