蔵書1.3万冊の図書コーナーをもつ田上町地域学習センターがオープンへ (2021.2.22)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県田上町の旧原ヶ崎交流センターの一部を改修、さらに増築して3月8日(月)にオープンする田上町地域学習センター(吉田新田丁242番地3)の竣工式が2月22日、同センターで行われた。

田上町地域学習センターの図書コーナー
田上町地域学習センターの図書コーナー

建物は1977年に竹の友幼児園として整備され、2010年に保育所と幼稚園の統廃合で原ヶ崎交流センターに生まれ変わった町民の交流活動の場に利用されてきた。その鉄筋コンクリート造平屋建て1,314平方メートルのうち572平方メートルを図書コーナーなど、742平方メートル倉庫に利用。350平方メートルの増築棟を建設した。

事業費は3億4895万円で、財源は社会資本整備総合交付金1億1950万円、都市構造再編集中支援事業補助金474万円、地方債1億1160万円、一般財源1億1309万円。

旧原ヶ崎交流センターを一部改修、増築して完成した田上町地域学習センター
旧原ヶ崎交流センターを一部改修、増築して完成した田上町地域学習センター

課題だった図書館整備のため、旧田上町公民館の図書室機能を拡充させた蔵書約1万3000冊の図書コーナー、中高生から要望の多かった学習スペースを備える情報交換コーナー1、絵本や紙芝居、児童書など子どもの本を備える情報交換コーナー2を改修棟に設置。増築棟には3分割して利用できる研修ルームや調理実習室にバリアフリーのエントランス、トイレ、授乳室などを備える。

22日に研修ルームで行われた竣工式
22日に研修ルームで行われた竣工式

場所は羽生田駅と田上中の中間に位置し、両方から徒歩圏内にあり、竹の友幼児園が隣接。竣工式で佐野恒雄町長はあいさつで「一般はもちろん、幼児、保護者、中高生にも利用しやすい環境」と述べた。さらに2019年に開館した「田上町交流会館」と20年にオープンした「道の駅 たがみ」が“動”、この学習センターは“静”の施設で一体的に考えているとし、町民から愛される施設になることを願った。

オープンを前に3月5日(金)から7日(日)の3日間は、一般を対象に見学会と図書利用カードの発行が行われる。

くつろいで読書できるチェアも備えた図書コーナー
くつろいで読書できるチェアも備えた図書コーナー

学習スペースを備える情報交換コーナー1
学習スペースを備える情報交換コーナー1

絵本や紙芝居、児童書など子どもの本を備える情報交換コーナー2
絵本や紙芝居、児童書など子どもの本を備える情報交換コーナー2

調理実習室も
調理実習室も

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「タンポポ」月会費わずか500円の地域密着型の福利厚生プログラム
帯織住宅団地/三条市 JR帯織駅前に位置し、目の前に田園風景が広がる静かな住宅団地 全85区画
空間除菌システム - 梨本商店
三条商工会議所Webセミナー、500タイトル無料配信中!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com