福島の夢や願いを描いた三条六角巻凧が福島の空を舞う (2021.3.5)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

東日本大震災からちょうど10年になる3月11日にあわせて、津波に加えて原発事故で大きな被害に見舞われた福島県で10日から13日まで一般社団法人LOVE FOR NIPPON(キャンドル・ジュン理事長)による復興支援イベント「SONG OF THE EARTH」が行われ。そのなかで、地元の子どもたちなどが夢や願いを描いた新潟県三条市の名物「三条六角巻凧」が空を舞う「夢の大凧あげ」が行われる。

LOVE FOR NIPPON理事の斉藤さん(左)と須藤凧屋の須藤さん
LOVE FOR NIPPON理事の斉藤さん(左)と須藤凧屋の須藤さん

この凧は、国内最北端のバナナの生産地である広野町で栽培、収穫されたバナナの茎の繊維を素材にした和紙をタケ骨に張り、5枚張りと呼ばれる縦2.85m×横2.12mと、3枚張りと呼ばれる縦2.20m×横1.75mのサイズの凧をそれぞれ5枚ずつ作った。

それらを福島に持ち込み、県内7地区の主に幼児から高校生や地元少年のサッカーや野球のチームに絵や文字で夢や願いを描いたり、紙を張ったりしてもらった。サッカー日本女子代表の川澄奈穂美選手が「夢は大きく」と筆で書いた凧や福島特産の県の鳥のキビタキ、南会津のゆるキャラ「んだべぇ」、新型コロナウイルス感染の収束を願ったアマビエもある。

絵柄が描かれて福島から須藤凧屋に届いた六角巻凧
絵柄が描かれて福島から須藤凧屋に届いた六角巻凧

揚げる凧は昨年、製作した2枚も合わせて12枚。10日は昨年9月に双葉町にオープンした東日本大震災・原子力災害伝承館、11日は楢葉町Jヴィレッジでそれぞれ午後3時ごろから揚げる。

LOVE FOR NIPPONは、2004年に新潟県中越地震が発生してから被災地で追悼イベント「Song Of The Earth」を行い、11年に東日本大震災が発生すると福島県郡山市に会場を移して追悼イベントを行ってきた。

2019年からJビレッジに会場を移し、キャンドルナイトをベースに音楽ライブやワークショップなどが行われる。昨年から大凧あげが企画されたが、昨年は新型コロナウイルスでイベントが中止され、関係者だけで凧揚げを行った。

鼻緒を付ける須藤さん
鼻緒を付ける須藤さん

凧を製作したのは、三条凧協会会長で三条市内で唯一、六角巻凧を作る須藤凧屋のの須藤謙一さん(53)。4日は仕事場で鼻緒を取り付ける作業を行った。「学校で子どもたちが夢を描いてくれた。その願いがかなうのは、凧が揚がったとき。うまく揚がってほしい」と期待を込めた。

LOVE FOR NIPPONの理事で新潟支部長の斉藤巧さん(44)は、「昨年は不完全な形で終わった。12枚の六角巻凧が一気に空に揚がるようすが見たい」と大空を舞う六角巻凧を夢見ている。当日は三条凧協会会員が会場へ出向いて凧を揚げ、会場の人たちにも凧糸を引いてもらって六角巻凧の魅力を体感してもらう。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
空間除菌システム - 梨本商店
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com