女子バレーで「こだまジュニアクラブ」悲願の県大会初優勝 (2021.3.19)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市の小学生バレーボールチーム「こだまジュニアクラブ」は、3月7日に新潟市東総合スポーツセンターで開かれた第28回新潟県小学生バレーボール新人大会新潟県大会女子の部で優勝。18日、滝沢亮三条市長を表敬訪問した。

第28回新潟県小学生バレーボール新人大会新潟県大会女子の部優勝で滝沢三条市長緒表敬した「こだまジュニアクラブ」
第28回新潟県小学生バレーボール新人大会新潟県大会女子の部優勝で滝沢三条市長緒表敬した「こだまジュニアクラブ」

こだまジュニアクラブは、先に10チーム参加で開かれた県央地区で優勝し、県央地区代表として地区予選を勝ち抜いた16チームによる県大会に出場し、優勝した。

チームが発足して約25年。県大会は年3回あり、これまではベスト4が最高で、チームにとっては悲願の初優勝であり、県央地区のチームの県大会制覇も初めてとなった。

第28回新潟県小学生バレーボール新人大会新潟県大会女子の部優勝で滝沢三条市長緒表敬した「こだまジュニアクラブ」
第28回新潟県小学生バレーボール新人大会新潟県大会女子の部優勝で滝沢三条市長緒表敬した「こだまジュニアクラブ」

6人制バレーボールだが、こだまジュニアクラブの女子選手登録は、5年生3人と3年生2人、1年生1人のちょうど6人で、5年生の2人が長沢小、ほかは大崎学園。県大会でぎりぎりの6人のチームはこだまジュニアクラブだけで、1人でも欠けることができず、平均身長も出場チーム中で最も低く、圧倒的に不利な環境にもかかわらず、予選を含めて参加77チームの頂点に立った。

県大会は2セット先取のトーナメント戦で、準決勝では横越ブラックキャッツ(新潟地区2位)に第1セットを11-21の大差で奪われながら、大逆転で勝利、決勝でも長岡HAYATE(長岡地区1位)もフルセットの末に勝利した。

県大会優勝で会場で記念撮影
県大会優勝で会場で記念撮影

滝沢市長が準決勝で第1セットを10点差で失ったことに「心、折れませんでしたか?」と聞くと選手は苦笑いした。この大会は上位大会につながらないが、6月には北信越大会と全国大会につながる県予選があり、全国大会出場が目標。滝沢市長が全国大会出場について聞くと選手は「お任せください」と答えて笑わせた。

長沢小5年・川又千空さん(11)は決勝大会を「すごく楽しくてすごく緊張した」と振り返り、次の大会では「もっとサーブが厳しくいけるようにしたい」と話した。チーム結成当初から監督を務めた父から監督を引き継いで8年目の刈屋俊人さん(34)は「試合は苦しかったが相手が失敗するまでボールを拾い続けた」と勝因を分析していた。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
空間除菌システム - 梨本商店
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com