燕市合併15周年記念日に地元研磨職人が市役所の切り文字を磨き上げる (2021.3.22)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市の研磨職人有志が20日、5年ぶりに市庁舎正面玄関にあるステンレス製の切り文字を再研磨し、以前の輝きを取り戻した。

燕市の研磨職人有志が燕市役所のステンレスの切り文字を研磨
燕市の研磨職人有志が燕市役所のステンレスの切り文字を研磨

この切り文字は2013年5月に開庁した新庁舎に設置された。正面玄関を入る手前の右の壁、高さ3メートルほどの所に市章とともに壁に「燕市役所」の4文字と「Tsubame City Office」の17文字が取り付けてあり、来庁者を迎えてくれる。

燕市の研磨職人有志が燕市役所のステンレスの切り文字を研磨
燕市の研磨職人有志が燕市役所のステンレスの切り文字を研磨

当時も研磨職人がそれぞれ文字を持ち帰って磨き、ミラー(鏡面)仕上げを施し、これ以上ないほどの高い平滑度で仕上げた。しかし風雨にさらされてステンレスとはいえ、さびや汚れがついたことから3年後の2016年に有志で研磨したが、それから5年。さびや汚れが目立ってきたことから、再び磨くことになった。

くしくもこの日は燕市が2006年3月20日に合併して新市政となってちょうど15年の合併記念日。約10人の職人が参加し、ハンドグライダーやリューターという工具を使って磨いた。燕市の研磨職人が使うのは固定された研磨機械がほとんど手で持つ工具を使うことはめったになく、ベテラン職人がその技術を若手に見せ、少しでも習得してもらいたいというねらいもある。

参加した研磨職人
参加した研磨職人

今回、研磨をしようと声を上げたのは、研磨歴約65年の鏡歳男さん(82)=燕市佐渡=。マイナンバーカードを取得しようと燕市役所を訪れたときに汚れているのを見つけ、研磨職人仲間に声をかけ、燕市と相談して新年度前に磨くことに。「さびが強くてなかなか大変。角があって取り付けがどうなってるかわからないし」と作業の難しさを話していた。

研磨前
研磨前
研磨後
研磨後

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
空間除菌システム - 梨本商店
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com