田上町で「越の梅」の収穫、出荷開始 小粒だが出来は上々 (2021.6.18)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

JAにいがた南蒲管内の田上地区で18日、田上町のブランドウメ「越の梅」の収穫、出荷が始まった。

「越の梅」を収穫する田上町梅生産組合組合長の小柳松栄さん
「越の梅」を収穫する田上町梅生産組合組合長の小柳松栄さん

「越の梅」は小粒だが種が小さいため果肉が多く、色づきがいいのが特徴。皮が薄く梅干しなどの加工に適している。

ことしは4月18日にあられで実の表面に傷がつく被害があったが、生育期の天候が順調に推移し、実の付きや品質は平年並みの見込みだ。

「越の梅」の特徴でもある鈴なりに枝から下がった果実
「越の梅」の特徴でもある鈴なりに枝から下がった果実

田上地区では約7ヘクタールで栽培され、約25トンの出荷を見込む。昨年は不作で出荷は20トン足らずにとどまった。初出荷は昨年より3日遅いが平年並みだ。

ただ、昨年まで「越の梅」の二次加工品の梅干しや梅サイダーをJAにいがた南蒲の加工施設で生産していたが、施設の老朽化のため昨年で二次加工をやめてしまったので、二次加工品は売り切った終わる。

「越の梅」とそれで作った梅干し
「越の梅」とそれで作った梅干し

田上町梅生産組合(組合員27人)組合長の小柳松栄さん(71)は、「ことしは幸い花の咲く時期が非常に穏やかな天候が続き、近年にない豊作になった。ちょっと粒は小さいが十分にいいできになった」と言い、「活力の元と言われているので、梅酒、梅干しとか食べていただいて元気に過ごしてほしい」と願った。

「越の梅」は、翌18日夕方から県内スーパーやJA農産物直売所「ただいまーと」で販売される。例年1kg500円から600円ていどで店頭に並びそうだ。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com