田上の「越の梅」を使った「うめ味噌ソフト」発売 次は梅ソーダ (2021.6.18)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

梅の産地で知られる新潟県田上町の「道の駅 たがみ」(原ケ崎新田) が新潟の郷土料理でご飯のおとも「梅味噌」をアレンジしてソフトクリームとあわせた「うめ味噌ソフト」(税込み450円)を19日、発売する。

「道の駅 たがみ」が19日、発売する「うめ味噌ソフト」
「道の駅 たがみ」が19日、発売する「うめ味噌ソフト」

市販の生乳ソフトクリームに田上産のブランド梅「越の梅」と新潟市江南区横越で農薬も肥料も使わない農業を実践する「たなか農園」のみそ、ビート・グラニュー糖を合わせて市販の生乳ソフトクリームにかける。

さらに田上町内の田上小と羽生田小の児童が学校教育田で栽培、収穫したコメを使ったポン菓子をトッピング。地元にこだわっている。

記者会見で佐藤千裕さん(左)と「道の駅 たがみ」の馬場大輔駅長
記者会見で佐藤千裕さん(左)と「道の駅 たがみ」の馬場大輔駅長

甘じょっぱい絶妙な味に仕上がり、みその味を感じることはできるが、言われなければわからないから不思議。意外なくらいソフトクリームに合っている。「道の駅 たがみ」でしか販売しない。

道の駅 たがみは昨年10月にオープン。独自商品の開発を検討するなかで、食品を製造販売する新潟市の「シーズキッチン(C's kitchen)」の代表、佐藤千裕さん(44)に白羽の矢を立て、共同開発した。

左がオープン時から販売している「梅ソフトクリーム」と今回、発売の「うめ味噌ソフト」
左がオープン時から販売している「梅ソフトクリーム」と今回、発売の「うめ味噌ソフト」

佐藤さんは農業、福祉、食がつながっておいしい循環を連携させるプロジェクエト「rukoto(ルコト)」を進めている。今回、生産過程でウメのへたを取る作業は、田上町内の就労継続支援B型や生活介護施設の利用者に委託している。

18日、記者会見を行って発売を発表した。道の駅 たがみの馬場大輔駅長は「土地の地域らしさを大切にしてくれるパートナーと一緒にビジネスができたら、また地域を伝えることができたらと」と佐藤さんにたどり着いた経緯を話し、「やさしい道の駅のコンセプトにそって無着色、無香料にした」とし、「食感と甘酸っぱさが病みつきになる味付けになった」と述べた。

次は梅ソーダを開発中
次は梅ソーダを開発中

佐藤さんは「あまじょっぱいおいしさを味わってほしい」と言い、「甘さと酸っぱさのバランスが難しかった」とまさにその塩梅に苦労したと話した。また、オープン時から「梅ソフトクリーム」(350円)を販売しているが、今後も「うめ味噌ソフト」と2本立てで販売していく。また、次は梅サイダーの開発も進めている。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
からあげフェスティバル開催中!9月30日まで利用できる燕西蒲勤労者福祉サービスセンター「タンポポ」会員限定からあげクーポンを発行しています。
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
空間除菌システム - 梨本商店
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
11月18日(木)19:00〜20:45 三条エコノミークラブ60周年記念公開例会 独立研究者・著作家 山口周氏 オンライン講演会
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com