【決定】図書館等複合施設の愛称は「まちやま」 賞金30万円は三条市の女性に (2021.11.9)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県三条市が賞金30万円で公募していた図書館等複合施設の愛称は、3,000件を超す応募のなかから「まちやま」に決まった。

図書館等複合施設は愛称は「まちやま」
図書館等複合施設は愛称は「まちやま」

図書館等複合施設は、図書館、鍛冶ミュージアム、科学教育センターが一体となった多世代の活動や交流を生み出す「まちなかの中核施設」。元町地内の旧三条小学校跡地に建設中で、2022年7月24日(日)に供用開始する。

愛称募集は、採用された提案者に賞金30万円で公募し、国内外から3,070件もの応募があった。そのなかから三条市内に住む女性、堀江光実(ほりえ みつみ)さんが応募した「まちやま」の採用が決まった。「まちやま」での応募は堀江さんだけだった。

堀江さんの提案理由は「施設の形態から、まちの中にある大きな山と、その中にいろいろな楽しさや知識、学びがつまっている様子をイメージしました。また、隣のステージえんがわの『えんがわ』とそろえてひらがな4文字にしました」。

愛称選考委員会の三条市図書館協議会委員2人、三条市小中学校長会2人、越後三条鍛冶集団1人の5人が審査して5点に候補をしぼり、そのなかから滝沢亮市長が採用作品を選んだ。来年7月24日のオープニングセレモニーで堀江さんに賞金を贈る。

滝沢市長は9日の記者会見で「“まちやま”は誰にでも呼びやすく親しまれやすい名称と思う。名称とともにこの施設が広く浸透し、活発に利用されることを願う」と話した。また「まちやま」の名称は“三条”や統合される3つの施設の機能にからめるの名称ではなかったのが意外で、近くを通ると大きいなと感じる施設を“山”と表現、比喩したのがおもしろかったと話した。

また、「全国から幅広く公募したので、燕なんとかも10通くらいあり、燕三条というエリアとして認知されるのはうれしい反面、まだまだ市長として頑張らなければ思った」とも話した。現在の三条市立図書館は来年4月1日から移転のため休館する。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
飛燕夏まつりアイデアコンテストのご案内
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
ネットカンタン仮申込 - 新潟ろうきんの仮申込はパソコンはもちろんスマホでもカンタン申込可能|新潟ろうきん
第6回新入学フェス 12/11(土)、12(日) 三条商工会議所1Fホールで開催。中学校に入学おめでとう!
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com