燕市立図書館40周年記念イベントがスタート (2022.6.15)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市の燕、吉田、分水の3つの市立図書館のうち燕と吉田の図書館が今年度で40周年を節目を迎えたことを記念するイベントが15日、3図書館でスタート。30日まで特別デザイン図書貸出カードの発行、貸出冊数4倍キャンペーン、図書館スタンプラリーなどのほか、25日はトークイベントも行われる。

燕図書館の記念フォトブース
燕図書館の記念フォトブース

今の燕図書館は1982年に燕市立図書館として1982年6月1日に開館。吉田図書館は翌83年2月2日に吉田町立図書館として開館した。吉田図書館の40周年は来年だが、年度ではいずれも今年度が40周年ということで、両図書館の40周年記念イベントを3図書館共通で展開している。

燕図書館
燕図書館

特別デザイン図書館貸出カードは、500枚限定で発行は18日からになる。図書館スタッフがつくった40周年記念キャラクターをデザインした。世界に誇る燕市の洋食器産業にちなんでスプーン、フォーク、ナイフをイラスト化したもの。「図書館が大好きなスプーンさん、最近電子図書館を利用し始めたフォークさん、図書館で歴史を調べることをライフワークとしているナイフさんの3人組」をコンセプトにしている。

吉田図書館
吉田図書館

図書館スタンプラリーは、3館でスタンプを押すたびに40周年キャラクターのしおりがもらえ、3館すべてを回ると40周年キャラクターのオリジナルシールがもらえる。

貸出冊数4倍キャンペーンでは、ふだん10冊までのところ4倍の40冊まで借りられる。スタッフをお勧めの本を詰めたアニバーサリーパックに、40冊を入れたアニバーサリーボックスまで用意した。

スタッフ制作の40周年記念キャラクターをデザインした限定500枚の貸出カード
スタッフ制作の40周年記念キャラクターをデザインした限定500枚の貸出カード

アニバーサリーパックを借りると、本の紹介を書いた「本と出会えるおみくじ」が弾ける。燕図書館では初日15日は開館してすぐにアニバーサリーボックスを借りていく人があり、夕方までに7人がアニバーサリーパックを借りた。

ほかにも記念フォトブース設置、開館40周年のあゆみ展示、アニバーサリーメッセージ募集、40にまつわる本の特集展示など盛りだくさんだ。

図書館スタンプラリーの台紙やプレゼントのオリジナルのしおりやシール
図書館スタンプラリーの台紙やプレゼントのオリジナルのしおりやシール

さらに25日は午後5時閉館のところ午後10時まで延長して夜間開館し、館内の一部をランタンとBGMで演出。7時からハンドパンの生演奏で夜の図書館を楽しめる。

加えて午後8時からトークイベントを行い、燕市産業史料館の齋藤優介主任学芸員が「図書館の蔵書から見る40年前の燕」をテーマにトークする。定員15人で、参加は申し込みが必要。40周年を機会に多くの市民の来館を待っている。

アニバーサリーパックとアニバーサリーボックス
アニバーサリーパックとアニバーサリーボックス

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com