3年ぶりの日本三大燈籠まつり「弥彦燈籠まつり」が最高潮に (2022.7.26)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県弥彦村の越後一宮「弥彦神社」(渡部吉信宮司)の夏の大祭「燈籠(とうろう)神事」にあわせて日本三大燈籠祭りのひとつで国の重要無形民俗文化財の「弥彦燈籠まつり」が24日から26日までの3日間にわたって行われ、25日は11基の大燈籠の巡行や花火大会行われて3年ぶりのまつりは最高潮に達した。

弥彦燈籠まつりで一の鳥居前を出発する燈籠
弥彦燈籠まつりで一の鳥居前を出発する燈籠

この日は少しでも涼しい時間帯にと朝に移した子ども燈籠押しに始まった。弥彦神社で大祭と特別祈願の神事、仮舞殿で里神楽奉納、剣舞・詩吟奉納と続いた。

夕方から「お欅引(けやきびき)」で巡行路をはらい清めて、ボーイスカウトを先頭に弥彦山(634m)を下山した約200人が神社に参拝してから弥彦山松明大行進を行った。

燈籠は拝殿前で参拝してから出発
燈籠は拝殿前で参拝してから出発

灯籠は角棒を組んで幅約1m、長さ約2.5m、高さ約60cmの方形にし、上と側面に紙を張ってあかりともし、四方に紙を張り、上に造花を飾ったもの。参拝してから一の鳥居前に集結した。

弥彦山松明大行進
弥彦山松明大行進

弥彦山松明大行進が一の鳥居を出るのと同じタイミングで奉納花火大会がスタート。それに燈籠、みこし行列が続き、神社通りから外苑坂通りを進んだ。

一の鳥居前の燈籠
一の鳥居前の燈籠

新型コロナウイルスの感染拡大のため、2年続けて中止になった。3年ぶりの開催も感染防止対策を行い、本来、行列は周回するルートだが、ことしは「ヤホール」前までで折り返した。講中が神社通りのそれぞれの宿で踊りや演奏を披露する「宿下(やどさが)り」は中止。燈籠の担ぎ手はマスクを着用し、飲酒、燈籠を押し合ったりもんだり回ったりも禁止とした。

大花火大会
大花火大会

例年なら最も熱気であふれる宿下がりの段階で、すっかりできあがっているところ。「みんなストレスがたまっているかも」と話す人がいた一方、「開催できることに意味がある」という人も。ただ何もかも自粛とはいかず、燈籠を押し合うことはなかったが、もんだり回ったりしてエネルギーを発散する場面もあった。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
8/27・28 阪神vs巨人 三条パール金属スタジアム
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com