「道の駅 たがみ」2周年祭の「たがみバンブーバル」は「田上じゃないみたい」 (2022.10.29)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県田上町の「道の駅 たがみ」(馬場大輔駅長)は、2020年10月28日のオープンからまる2年になった28日(金)から30日(日)までの3日間、2周年祭を開いている。29、30の2日間は初めての夜のイベント「たがみバンブーバル」を企画。29日は大勢の来場者であふれ、竹あかりが彩る大型テントでピンチョスを味わい、打ち上げ花火で締めくくる演出に「田上じゃないみたい」と大満足だった。

道の駅たがみ2周年祭で初めての夜のイベント「たがみバンブーバル」
道の駅たがみ2周年祭で初めての夜のイベント「たがみバンブーバル」

29、30日の昼は、田上産新米竹すくい&里芋詰め放題&長ネギ販売やスタンプラリー、ホイールローダー乗車体験、竹ぼっくり競争&竹ボッチャ大会などを行っている。

田上の食材から調理した、たがみピンチョス
田上の食材から調理した、たがみピンチョス
取り分けたピンチョス
取り分けたピンチョス

田上で見たことのないおしゃれ空間が出現

目玉の夜の部の「たがみバンブーバル」は午後5時から8時までの開催。新潟市中央区の新潟食材研究所ティオぺぺが、田上産の食材で作ったピンチョスやパエリアを販売したほか、焼き菓子、アルコール、焼き鳥なども販売した。

たき火も用意した
たき火も用意した

大型のテントの会場は、竹とあかりをテーマにしたアートプロジェクト「たがみバンブーブー2022」で設置した竹あかりが照明代わりに。テントの外にはたき火も用意し、DJによる音楽も流れ、今まで田上町では味わえなかったおしゃれな空間が生まれた。夜は冷え込んだが長居する人が多かった。

フィナーレの打ち上げ花火に歓声
フィナーレの打ち上げ花火に歓声

フィナーレはの打ち上げ花火に歓声

イベントのフィナーレは打ち上げ花火。数分間の小ぶりな花火だが、単発の花火のあと最後をスターマインで締めくくると、自然と拍手や歓声でわき、今までにない感動を呼んでいた。30日の夜の部も同様に行い、DJに変わって郷土芸能のライブを行い、田上町の護摩堂太鼓と五社神楽、新潟市の横越神田神楽、栄町神楽、なないろが出演する。

田上町に今まで見られなかったおしゃれな空間に
田上町に今まで見られなかったおしゃれな空間に

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


新潟で派遣のお仕事なら - 人材派遣のキヤリアステーション 燕三条オフィスのオープニングキャンペーン第2弾実施中
ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」

外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com