石港遺跡から出土の珍しい子持勾玉を公開 (2022.11.3)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市の大河津分水路右岸河川敷で発掘調査が行われている古墳時代の遺跡、石港遺跡(渡部地内)で3日、現地調説明会が開かれた。とくに発掘調査での出土は珍しい「子持勾玉(こもちまがたま)」が公開され、注目を集めた。

石港遺跡で出土した子持勾玉
石港遺跡で出土した子持勾玉
子持勾玉の出土位置
子持勾玉の出土位置

子持勾玉は、勾玉の背や腹、側面に子勾玉を付けた形状をしたもの。縄文時代以降にまつりに使われた装身具と考えられている。

石港遺跡で出土したものは長さ約6センチ。「C」のような形をした子勾玉が背中に4個、腹に1個付いているほか、側面にも突起がある。柔らかくて加工しやすい滑石(かっせき)と思われる。

現地説明会のようす
現地説明会のようす
大河津分水路建設で使用された廃棄されたと思われるレール
大河津分水路建設で使用された廃棄されたと思われるレール

石港遺跡のすぐそばの「夕暮れの岡」でも1934年(昭和9)に市民が子持勾玉を採集している。子持勾玉の出土は県内では十数例しかないらしく、しかも発掘調査で発見された例はさらに少なく、埋蔵文化財の関係者を驚かせた。近くにある竹が花遺跡は前方後方墳と推定されており、石港遺跡との関係も注目されている。

石港遺跡のパノラマ
石港遺跡のパノラマ
石港遺跡の渡部橋の大河津分水路右岸たもとから上流側の河川敷。大河津分水路の改修事業に伴って燕市教育委員会は2020年度、21年度と試掘、確認調査で多くの古墳時代の土器と遺構を発見している。遺跡は南北約230m、東西約350mに広がり、発掘調査はことし7月下旬から行い、今年度の調査面積は約9,000平方メートル。高低差があり、高い所から低くなった所に遺物が集中していた。
遺跡位置図
遺跡位置図

ことしは大河津分水通水から100年。東洋一と言われた建設工事の遺構の線路の犬釘やレールも見つかった。河川敷は建設工事で大きく削られたように見えるが、遺跡が見つかったことか大きく土を掘り起こしていないこともわかる。いずれにしろ1,500〜1,700年前の古墳時代の集落と100年前に通水した大河津分水路の建設工事の痕跡の両方を体感できた。

現地説明会には217人が訪れてにぎわった。地元の渡部地内に住む女性は「豪族でもいたんでしょうか。大河津分水がなかったときは渡部神社ともつながっていたので、川の下にもいろいろ遺跡があるのかなと思っていました」と歴史に思いをはせていた。

■出土品の写真

出土品の写真

出土品の写真

出土品の写真

出土品の写真

出土品の写真

出土品の写真

出土品の写真

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


12/10・11 三条商工会議所で制服ご試着&ご予約会「第7回新入学フェス」
新潟で派遣のお仕事なら - 人材派遣のキヤリアステーション 燕三条オフィスのオープニングキャンペーン第2弾実施中
ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com