モンゴル・エルデネ村の教育関係者が友好都市の弥彦村で視察 (2022.11.10)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県弥彦村の友好都市、モンゴルのトゥブ県エルデネ村の有効交流団の教育関係者ら7人が8日から13日まで弥彦村を訪問し、教育機関の視察などを行っている。

ひかり保育園を視察するエルデネ村の有効交流団
ひかり保育園を視察するエルデネ村の有効交流団

2015年に当時の横綱日馬富士が弥彦神社の相撲場開きに訪れたのをきっかけに交流が始まり、翌16年に弥彦村とエルデネ村が友好都市協定を締結した。

交流の一環で毎年、交互に子どもたちの現地訪問を行ってきたが、新型コロナウイルスの影響で20年、21年は中止。ことしは両村が互いに子ども派遣する計画だったが感染が収まらずに3年連続の中止になった。

保育士に質問
保育士に質問

一方で以前からエルデネ村の学校教諭が弥彦村の教育現場を視察したいとの要望があり、おとなだけでもと今回の交流訪問が実現した。これに先立って9月に弥彦村の職員2人と小中学校の校長がエルデネ村を訪問している。

エルデネ村の友好交流団はエルデネ村義務教育学校の校長を団長に教諭4人とエルデネ村保育園の園長とエルデネ村文化センター所長で、団長以外は女性。10日はひかり保育園、弥彦小学校、弥彦中学校の順に視察の日程を組んだ。

エルデネ村保育園のゲンデン・ウルジースレン園長
エルデネ村保育園のゲンデン・ウルジースレン園長

ひかり保育園(50人)では、保育室や調理施設の設備や園児の日常、遊戯室で歌や体操、ゲームなどをする園児のようすを見学。園児のようすに目を細め、歌に拍手し、園児から手紙や折り紙のプレゼントをもらった。

いちばん熱心に視察していたのは、やはりエルデネ村保育園のゲンデン・ウルジースレン園長。スマホで写真や動画を撮影し、メモを取って情報を記録していた。

子どもたちがモンゴル語の「バヤルタイ(さようなら)」で友好訪問団を見送る
子どもたちがモンゴル語の「バヤルタイ(さようなら)」で友好訪問団を見送る

ゲンデン・ウルジースレン園長は「先生が子どもたちのことを一生懸命、考えててやっていると、とても参考になった」と言い、「ひとつの教室に先生が2人いて、0歳の教室は4人もいるのに驚いた」とモンゴルより保育士が多いことに感心した。

園内の掃除、保育士の資格、延長保育の保護者の費用負担など現実的なことを質問していた。

このあと友好交流団は11日は村内観光視察、12日は県内観光視察、13日は東京へ移動して新潟を離れ、14日は東京都内観光視察のあと15日に帰国する。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


12/10・11 三条商工会議所で制服ご試着&ご予約会「第7回新入学フェス」
新潟で派遣のお仕事なら - 人材派遣のキヤリアステーション 燕三条オフィスのオープニングキャンペーン第2弾実施中
ドローンのことなら燕三条ドローンステーション ドローンスクール受講生募集中
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com