小正月の15日に国上塞の神、イベントを拡充 (2023.1.13)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

新潟県燕市国上の道の駅国上「SORAIRO国上」(加藤はと子駅長)は小正月の15日、午後から第二駐車場で毎年恒例の小正月行事の塞(さい)の神まつり「国上塞の神」を行う。

国上塞の神のちらし
国上塞の神のちらし

正午にイベントがスタート。午後2時に寄付のあった和ろうそく160本余りの奉納ろうそくに点火し、2時50分に国上寺の山田光哲住職が祈とうしたあと、3時に塞の神に点火する。

塞の神は当日、設置する。高さは約13メートルにもなる県内でも最大規模の大きなもの。外側に編んだわらをかぶせるので、渦を巻くような迫力ある煙を立ち上げながら燃えるのが特徴だ。

ほかにもステージイベント、無料の甘酒のふるまい、福するめの販売、寒ブリ解体ショーと即売会、キッチンカー、あったか屋台を用意する。

ステージイベントでは和太鼓演奏とマジックショー。福するめは1,500円で販売し、おみくじ付きで道の駅国上で使えるお買い物券などが当たる。キッチンカーはたい焼き、ポテト、コーヒーなどを販売し、屋台では野鴨汁、豚汁、カキのカンカン焼き、玉コンニャク、寒ブリなどを販売する。

寄付された奉納ろうそく
寄付された奉納ろうそく

国上塞の神にあわせて道の駅国上の裏手の日帰り温泉「てまりの湯」でもこの日は午後2時から甘酒のふるまい、4時からもちつき大会を開く。国上塞の神の会場でも希望者に「てまりの湯」のタオルセットのレンタル無料券を配布する。

塞の神は、小正月にしめ縄や正月飾りを焚(た)きあげて五穀豊穣や無病息災を祈る伝統行事。書き損じた書き初めを焚きあげると書道の腕が上がるとも言われ、道の駅国上でも毎年、行っているが、新型コロナウイルス感染防止で一昨年、昨年は中止し、3年ぶりの開催となる。

道の駅国上は昨年、リニューアルオープンしてから攻めたイベントを展開して集客に成功しており、塞の神もこれまでより内容を大きく拡充して行うので、広く参加を呼びかけている。問い合わせは道の駅国上(電話:0256-98-0770)へ。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
燕西蒲勤労者福祉サービスセンター 燕・弥彦地区で月額500円で豊かな福利厚生を
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com