女性問題報道の若新雄純さんを高校生対象事業のアドバイザーに起用する燕市は対応を検討へ

(2024.2.1)

取材依頼・情報提供はこちら

テレビコメンテーターなどで活躍する慶應義塾大学特任教授の若新雄純さんが31日、自身の女性問題を週刊誌報道されたことについて1月31日、「X」(旧ツイッター)で「謝罪とご報告」を投稿した。若新さんを高校生対象の事業のアドバイザーに起用している新潟県燕市は事実確認などを待って対応を検討する考えだ。

2022年12月26日に燕市文化会館で開かれた「まちあそび学会」のトークセッションの若新さん
2022年12月26日に燕市文化会館で開かれた「まちあそび学会」のトークセッションの若新さん

燕市役所まちあそび部のアドバイザーを務め事業は総務省表彰も

燕市は2016年から若者が燕市の未来を考える「つばめ若者会議」でセミナー講師を若新さんに依頼したのを契機に若新さんとのかかわりを続けている。

つばめ若者会議の高校生版のような形で20年に「燕市役所まちあそび部」を発足すると、当初から若新さんにアドバイザーを依頼。若新さんは年に数回、来燕して活動に参加した。

23年には燕市役所まちあそび部が総務省主催の「令和4年度ふるさとづくり大賞」の「地方自治体表彰(総務大臣表彰)」を受賞。都内で行われた表彰式では若新さんが代表して表彰状を受け取っている。


1月25日発売の「週刊新潮」は、若新さんの女性問題を報じた。その直前に燕市の担当が若新さんにメールで連絡していたこともあり、発売日前日に若新さんから直接、電話で週刊誌報道で迷惑をかけたことについて謝罪があった。

29日の市長定例記者会見でこの問題に関する質問に鈴木力市長は「15年前のことをもってお辞めいただことにはなりにくい」と若新さんをアドバイザーに起用する考えに変わりはないとした。

第2弾報道でメディア出演、講演、セミナー活動などを取りやめ大学教員職も退任へ

しかし2月1日発売の「週刊新潮」で事実婚のパートナーがいるのに3股交際発覚などと女性問題の第2弾が報じられた。発売日前日の31日、若新さんは「謝罪とご報告」をXに投稿。このなかで、31日以降のすべてのメディア出演、講演、セミナー活動などを取りやめ、すべての大学教員職も3月末で退任すると投稿した。

また、週刊誌の記事では若新のさんのコメントで「自治体と進めてきたまちづくり事業にも二度と関わりません」とあり、「燕市役所まちあそび部」のアドバイザーも辞任すると思われるが、1日までに連絡がとれていない。


若新さんと連絡がとれしだい燕市としての対応を検討

今回の報道について燕市役所には、1日までに燕市役所まちあそび部に参加している高校生をはじめ市民から問い合わせなどは1件もない。対応については若新さんとの連絡がついてからの判断になる。

燕市役所まちあそび部の運営は市職員が行っているので、若新さんがアドバイザーでなくなっても事業の継続に影響はない。とはいえ、燕市と若新さんとの関係は8年にもなり、燕市役所まちあそび部は全国からも注目される取り組みに成長していただけに、担当者は残念がっている。


spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター
道の駅 良寛の里 和島
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ミズベリング三条フェス 三条防災ステーションエリア一帯で開催
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com