ケンオー・ドットコムのロゴ 燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


7・13水害メモリアルコンサートは約400人の大入り(2005.7.13)

取材依頼・情報提供はこちら

7・13水害フォーラム実行委員会(今井良平代表)は、水害から1年の13日午後7時から三条市総合福祉センターで「7・13水害メモリアルコンサート」を開き、約400人が来場してコカリナ奏者、黒坂黒太郎さんの演奏を聴いた。

13日開かれた7・13水害メモリアルコンサート

13日開かれた7・13水害メモリアルコンサート

会場には、家族連れや夫婦などが訪れ、用意していた350席はあっという間に埋まり、追加のパイプいすを並べた。

約400人で大入りの会場

約400人で大入りの会場

昨年の水害の犠牲者へ1分間の黙とうを捧げてから開演。黒坂さんは「ずっと、この町のことが気になっていました。何かお役に立つことができないかとはせ参じてまいりました」とあいさつし、妻の矢口周美さんによる歌とオートハープとともにコカリナを演奏した。

コカリナは木製のオカリナ。コカリナのやわらかで素朴な音色で『ふるさと』や『さくら』の旋律を奏でると、水害の苦しみや辛さを思い出してか、会場には涙をぬぐう人もいた。

三条市内では、ほかに水害から1年にあわせたイベントらしいイベントはなく、このコンサートが唯一のイベントとなった。

13日にコカリナ演奏の7・13水害メモリアルコンサート(2005.7.9)