燕市産業史料館で開催中の「松浦靖 世界のスプーン展」にあわせて世界の土産用スプーンのコレクター、京都の松浦さんを講師に作品解説会 (2012.2.6)

取材依頼・情報提供はこちら

スポンサードリンク

燕市産業史料館では、3日から19日まで開いている「松浦靖 世界のスプーン展 第2章〜スプーンで巡る世界遺産の旅」にあわせて5日、作品解説会を開き、展示しているスプーンを収集した松浦靖さん(75)=京都府京田辺市=を講師に収集にまつわるエピソードを聞いた。

5日に燕市産業史料館で開かれた「松浦靖 世界のスプーン展 第2章〜スプーンで巡る世界遺産の旅」の作品解説会
5日に燕市産業史料館で開かれた「松浦靖 世界のスプーン展 第2章〜スプーンで巡る世界遺産の旅」の作品解説会

松浦さんは同志社大学職員だった時代からこれまで約30年間、世界を旅して111カ国・地域の2,500本のスプーンを収集した。2009年にも同史料館は松浦さんのコレクション展を開いており、3年ぶり2回目のスプーン展。今回は世界遺産が描かれたスプーン約200本と新たにコレクションに加わった6カ国の約70本も展示している。

松浦さんは、2日から6日まで燕市に滞在して展示の準備も手伝った。今も年に一度は海外へ収集に出掛けているだけに、とても75歳には見えない若々しさで、世界各地をたずねて土産用のスプーンをコレクションするようになったいきさつをはじめ、展示しているスプーンをプロジェクターで拡大して映し、それを入手した背景やそれぞれの土地の歴史、文化、民俗などに話を広げた。

作品解説会の講師、松浦靖さん
作品解説会の講師、松浦靖さん

イタリアのポンペイ遺跡、チリのパルメラ遺跡、ヨルダンのペトラ遺跡、クロアチアのドゥブロヴィニク旧市街と、世界遺産が描かれたスプーンを次々と紹介。「スプーンは自己表現でもあり、スプーンを通じて未知の世界が現れてみたりします。この年になってまだ発見があります」とスプーンの奥深さを伝えた。

一方、国内には世界遺産をモチーフにしたスプーンがほとんどないことを残念がり、佐渡鉱山の遺産群が世界遺産になることを願って、佐渡で見つけたトキや佐渡おけさを柄にかたどった金色のスプーンを展示していることも紹介した。

作品解説会後、展示会場でも参加者に解説する松浦さん
作品解説会後、展示会場でも参加者に解説する松浦さん

松浦さんのスプーンに関する情報はきりがないかと思うほど広く、深く、約1時間の作品解説会で話した内容は、そのほんの入り口。会場には約20人が訪れて聞き入っていたが、その後も展示会場で直接、展示したスプーンを前に松浦さんに質問し、解説を聞いていた。

関連リンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


2月25日は越後つばめの天神講
燕市で仕事を探す。燕では働く魅力とは?
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com