W杯に向け日本代表オフィシャルチームバスが三条市にやってきた (2022.10.17)

取材依頼・情報提供はこちら

11月21日開幕するサッカーW杯カタール大会に向けて日本サッカー協会(JFA)の日本代表オフィシャルチームバス「JFA's DREAM」が全国各地を回ってサムライブルーへの応援メッセージを集める「全国バスキャラバンと折り紙プロジェクト」が行われており、17日は県内で唯一、三条市体育文化会館を訪れた。

三条市体育文化会館にやってきた日本代表オフィシャルチームバス「JFA's DREAM」
三条市体育文化会館にやってきた日本代表オフィシャルチームバス「JFA's DREAM」

オフィシャルチームバスは2021年9月に運行を開始。今は5号車まであり、9月1日から11月6日まで全国90カ所余りをキャラバンしている。三条市はキャラバンの訪問先として手をあげて選ばれた。

応援メッセージを記入
応援メッセージを記入

午前10時前に日本代表オフィシャルチームバスが三条市体育文化会館に到着した。JFAブルーを基調に三本足のカラスの羽をモチーフにしたサブグラフィック、日本代表エンブレムが描かれたラッピングバス。窓には日本代表が大切にすべき共通の価値観「日本代表アイデンティティ」5つのキーワードを記す。

「SAMURAI BLUE」のタオルを羽織る人も
「SAMURAI BLUE」のタオルを羽織る人も

メッセージカードにサムライブルーへの応援メッセージを書くと、集まったメッセ―ジが折り紙アートなどに形を変えて選手に届く。日本代表選手の写真をデザインしたフォトパネルも立て、バスとともに自由に写真を撮ってもらい、JFAは背中に「SANJO」と12番目の選手と言われるサポーターの背番号「12」がある代表ユニホームを用意した。

フォトパネルを背に記念撮影
フォトパネルを背に記念撮影

平日の午前とあって訪れる人は少なかったが、三条市や近隣のサッカーファンや前日が文化祭で代休に当たった小学校のサッカー仲間の小学生、近くの裏館保育所の年長児31人も訪れ、たまたま車で通りかかってバスを見つけて立ち寄る人もいた。

寄せられた応援メッセージ
寄せられた応援メッセージ

アルビレックスBBをきっかけにサッカーに目覚めた三条市内の50歳代の女性はW杯も見るようになり、「W杯はいろんなチームの代表選手を違って目線で見れるのが楽しい。バスはかっこいい。11月に向けて気合いが入りそう」と感動。プレミアリーグ・ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC所属の三笘薫選手に注目していると言う。

サッカー仲間の小学生も
サッカー仲間の小学生も

燕市から訪れた50代の女性は「そりゃサムライジャパンでしょ。日本人だから」とテンションが上がっていた。ほかにもアルビレックス新潟がJ1昇格を決めたタイミングでもあり、県内のサッカー盛り上がり期待する人もいた。

関連リンク
  • out(新しいウィンドウで開く)
  • in

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ

...詳細


燕西蒲勤労者福祉サービスセンター
燕三条のお悔やみ情報「縁をむすぶ」
三条パール金属スタジアム・サンファーム三条
6/21(金) 新潟県央工業高校同窓会
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
スポンサードリンク

■Copyright (C) kenoh.com Allrights Reserved.
三条・燕、県央の情報「ケンオー・ドットコム」kenoh.com