ケンオー・ドットコムのロゴ 12月1日(金)〜3日(日) 道の駅 燕三条地場産業振興センター「2017年末フェア」9:30〜17:00 最終日のみ16:00まで
11月30日までストックバスターズで包丁下取りフェア
株式会社ティーケーネットサービス
サンファーム三条・三条パール金属スタジアム・NPOソーシャルファーム三条
外山産業グループ 外山産業、外山工業、グリーンライフ、メッツ
損害保険・生命保険・資産運用のことなら株式会社エフピーエム
スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー
ハンズワタベ、0256-62-3899
スポンサードリンク

spacer コンテンツ
spacer ショップ検索

公共施設も検索可能
分類別検索はここ


ニュースタンク・バックナンバー/2012年4

カレンダーを表示

30日の三条は最高気温28.8度でことしいちばんの暑さ、3日連続の夏日 (2012.4.30)

スノーピークが本社移転から1年を記念してアニバーサリーナイト、ゴールデンウイークを利用してキャンプに訪れた人たちとたき火を囲んで1周年を祝う (2012.4.30)

日本棚田百選の三条市下田地区「北五百川の棚田」でカタクリの花が満開 (2012.4.29)

燕市産業史料館で5月6日まで第38回燕手仕事展、燕伝統の金属加工の職人28人の技が生み出した鎚器銅器や彫金など39点 (2012.4.29)

燕三条地場産業振興センターで「じばさんGWフェアー」に先駆けて「金物特価市」、金物を格安で販売して帰省客や観光客に燕三条をアピール (2012.4.29)

三条市牛野尾で発生した土砂災害の応急復旧工事が終わって県、市、自治会の対策本部が解散、避難住民は1週間ぶりに自宅へ戻る (2012.4.29)

藤井大輔&芳輔の鉄道コラム「鐵道双見」】開業90周年の燕駅の歴史を探訪、刻み込まれた往時の記憶、電鉄線の痕跡も確認 (2012.4.28)

新潟市出身の絵本作家、黒井健さんが原画を描いた燕市のご当地かるた「つばめっ子かるた」一般販売用が26日発売 (2012.4.27)

三条市の第一中学校区小中一体校の建設に反対する市民グループが三条市監査委員会に署名活動をして直接請求を行う事務監査請求のための請求代表者証明書交付申請 (2012.4.27)

三条市下田地区のサクラも一気に開花して院内の桜並木も満開、GWは下田で花見 (2012.4.27)

私たちの三条市をつくる市民の会がパルム裁判説明会、被告の地元地権者から原告の三条昭栄開発への事実関係の資料請求について裁判所の判断を待つ (2012.4.27)

25人目の県央マイスターに県内唯一のきせる職人、燕市の飯塚昇さんを認定 (2012.4.27)

三条デザイン研究会が「燕三条デザイン研究会」に改称、会長は5年間務めた山井スノーピーク社長に代わって副会長だった玉川玉川堂社長が就任 (2012.4.27)

スワローズファン対象の農業体験田「スワローズ・ライスファーム」の開園や「つば九郎ECOカップ」の販売でことしもスワローズとの連携を推進、強化 (2012.4.26)

三条市牛野尾地内の土砂災害で県三条地域振興局が2回目の住民説明会、応急工事完了の29日を目標に (2012.4.26)

県央地域の平場はサクラの花が早くも終盤、三条市大崎地区の大崎浄水場と大崎山公園のサクラが近年にない見事な咲きっぷり (2012.4.25)

「燕三条 畑の朝カフェ」第一弾は6月3日朝、燕市・「ハーベスト」を会場にハーブを摘んでブーケを作り、イングリッシュマフィンを味わう (2012.4.25)

三条夏まつり協賛会が例年より1カ月前倒しで第1回全体会議、花火大会を中日の土曜への変更など原案通り決める (2012.4.25)

三条市牛野尾の土砂災害発生現場では昼夜を分かたず1日24時間の対策工事、なお5世帯16人が避難 (2012.4.25)

「越後三条打刃物」から初めてその製造に従事する専門職4人が伝統工芸士に認定 (2012.4.25)

県央地域の平場では24日にサクラの花がピーク、夜はライトアップやちょうちんのあかりに照らされた夜桜が市民の目を楽しませる (2012.4.25)

燕のご当地映画『アノソラノアオ』が6月2日から新潟公開、特別鑑賞券販売中 (2012.4.24)

三条市牛野尾地内の土砂災害で23日夜、県が住民への説明会、7.29豪雨災害と同じ場所での被害に「人災」の声も (2012.4.24)

28日に燕市・大曲河川公園で燕楽花絵の巻「チューリップの花絵創作体験」、参加者を募集 (2012.4.24)

5月限定で燕三条駅発着、燕、弥彦、寺泊を周遊する日帰りバスツアー「ゴールデンルート」、ど定番コースが実質900円の超格安プラン (2012.4.24)

燕市名誉市民の日本画家、横山操の作品修復の費用を寄付して紺綬褒章を受けた大山治郎さんに燕市長が褒章を伝達 (2012.4.24)

燕三条青年会議所が創立15周年記念式典と記念祝賀会、約500人が出席して「襷」をテーマに15周年の節目を盛大に祝う (2012.4.24)

【小耳聞き耳】燕三条JCの創立15周年の襷に染め込まれた文字は「合併」 (2012.4.24)

「カントリー&クラフトフェスタVol.9」に幅広い年齢層の買物客でにぎわう (2012.4.23)

23日の三条は午前は晴れて最高気温は20.2度でも雨が降り始めて午後は肌寒く (2012.4.23)

漢学の里「諸橋轍次記念館」でリニューアルオープン式、中国駐新潟総領事館の王華総領事や諸橋轍次の三男、諸橋晋六さんも出席してリニューアルを祝う (2012.4.23)

三条市牛野尾の土砂崩れで現地対策本部が会議を開いて被害状況や今後の作業工程を確認、避難はこれまで8世帯25人に (2012.4.23)

加茂市・雪椿まつり大園遊会の第46回ミス雪椿コンテストで10人のミス雪椿候補から公開審査でミス雪椿クイーン1人とミス雪椿2人が決まる (2012.4.23)

三条市牛野尾の土砂災害の規模は幅約100メートル、奥行き400メートル、昨年の7.29豪雨水害でも3棟が全壊した場所 (2012.4.22)

三条野球連盟が平成24年度開幕式、加盟76チームの選手ら約1,200人が参加してシーズン幕開き (2012.4.22)

三条市牛野尾地内で土砂崩れにより5世帯16人が避難 (2012.4.22)

5月13日まで「ストックバスターズ」で「ジャパン・ツバメカトラリー・ハウスウエアデザインコンクール」の入賞製品展示販売や「エキサイティングアウトドアフェア」 (2012.4.22)

信越本線の東三条−三条駅間で発生した架線故障の影響で新津−長岡駅間で運転を見合わせ、現場周辺は踏切が閉まったままに (2012.4.21)

21日夜、燕市白山町3で空き工場が全焼する火災 (2012.4.21)

「弥彦線吉田〜燕間開通90周年記念入場券」発売とあわせて臨時列車、快速「弥彦線開業90周年号」を運行、サクラ咲く弥彦は鉄道ファンでにぎわう (2012.4.21)

燕市教育委員会と燕市郷土史研究会連合会の編集で『郷土史燕』第5号発刊 (2012.4.21)

三条市・越後長野温泉「嵐渓荘」に移築された昭和初期の木造3階建て「嵐渓荘緑風館」が国登録有形文化財へ (2012.4.20)

県央地域の市街地のサクラは開花が進んでもう今週末が見ごろに (2012.4.20)

栄スマートインターチェンジは7月供用開始へ (2012.4.20)

22日に燕市・福勝寺で第42回お寺で音楽を楽しむ会「The 9th FUKUSHOJI JAZZ INN」、岡部洋一 & The OTELLRSの演奏を聴く (2012.4.20)

外山産業が土のうで地震エネルギーを吸収する土嚢減震の見学会、国内で初めて同工法を採用したグリーンライフ倉庫の建設現場を披露 (2012.4.20)

燕市・安了寺の県指定天然記念物「八王寺の白藤」は雪の重みでフジ棚の3分の2がつぶれたが、ことしも休まず5月13日に第36回白藤茶会 (2012.4.20)

サクラの開花が遅れて燕市・中ノ口川左岸堤防のサクラ並木と旧配水塔のライトアップを今月末までに延長 (2012.4.19)

春本番のぽかぽか陽気で県央地域のサクラが開花を急ぎ、花はまだでも花見は待てない (2012.4.19)

6月から10月までに4回の「燕三条 畑の朝カフェ」開催、燕三条地域の朝の畑でとりたての食材を味わう体験型カフェ (2012.4.19)

燕市内の自動車整備会社で事故車1台が燃える (2012.4.19)

26日から28日まで開かれる「日本ホビーショー」に三条市の「BonBon」が話題の「DIY女子部」会員として木製のいすをリメークした15脚を出展 (2012.4.19)

藤井大輔&芳輔の鉄道コラム「鐵道双見」】4月20日の燕駅開設90周年とかけて鉄道ファンには思い入れの深いキーワード、伝統と格式のある「つばめ」をひもとく (2012.4.18)

県教委が校内で窃盗事件を起こして懲戒免職になった栄北小元校長を告発 (2012.4.18)

18日から25日まで三条市内14会場で順に狂犬病予防注射 (2012.4.18)

4月を折り返して三条市の市街地でもようやくサクラが開花 (2012.4.18)

県と三条市による五十嵐川改良復旧事業説明会が三条市体育文化センターを皮切りにスタート、市内4会場で開催 (2012.4.18)

ことしも9月2日に中浦ヒメサユリ森林公園で開かれる三条発!音楽フェスティバル「三条楽音祭」の実行委員募集 (2012.4.18)

燕市「定住促進・まちなか支援事業」の住宅取得費の補助は4月からの申請受け付けで16日で早くも予定額の1,000万円に達する (2012.4.17)

燕市が国民健康保険税で56世帯、固定資産税で23件に誤って納税通知書を配布 (2012.4.17)

漢学の里「諸橋轍次記念館」が22日リニューアルオープン、オープン式と記念講演会、特別展示と日中国交正常化40周年記念パネル展と大型連休を前に下田郷の行楽の目玉に (2012.4.17)

今か今かとサクラの開花を待つ間に気がつけば足元にスイセンの花 (2012.4.17)

16日の三条は5月下旬並みの21.2度まで気温が上がり、ことし最高を記録 (2012.4.17)

22日に三条商工会議所で「カントリー&クラフトフェスタVol.9」、県内から46の出店者が手作り品を販売 (2012.4.17)

福島県南相馬市から三条市へ避難していた29人が三条市へ花見に、花はまだでも話に花を咲かせて分水おいらん道中も見物 (2012.4.16)

5月12、13日とスノーピーク本社キャンプフィールドで女性だけを対象にしたキャンプ「Girl's Camp」、参加者募集 (2012.4.16)

藤井大輔&芳輔の鉄道コラム「鐵道双見」】信濃川西岸の越後鐵道(越後線)敷設を実現するために越後鐵道会社が設立、さらに参宮線(弥彦線)を敷設し、弥彦公園の整備は弥彦観光の礎に (2012.4.16)

弥彦駅前・停車場通りの早咲きのヒガンザクラが五分咲きていどまで開花が進む (2012.4.15)

昨年は東日本大震災で中止になった第70回分水おいらん道中は花はつぼみでも春本番の陽気で一昨年と同じ8.5万人の人出 (2012.4.15)

燕市で旧配水塔改修記念式典が行われた14日の夜、サクラ並木と旧配水塔のライトアップが同時スタートし、春の夜に自然のサクラと人工の旧配水塔のコントラスト (2012.4.15)

15日の分水おいらん道中の見物をメーンに燕市が福島県へ戻った被災者の参加を募って14、15日と初めての燕・福島再会交流事業、福島県からの65人をはじめ114人が参加 (2012.4.15)

燕市で旧配水塔改修記念式典、記念ミニコンサートと合わせて300人近い市民が参加して生まれ変わった旧配水塔の改修を祝う (2012.4.14)

国土交通省主催「地域公共交通のあり方を交通基本法とともに考えるシンポジウム」で国定三条市長と日の丸観光タクシー営業部長が三条市のデマンド交通の事例紹介 (2012.4.14)

燕市・吉田工業が筑波宇宙センターのクリーンルームを施工し、短期間で人工衛星の試験を再開できたとしてJAXAから感謝状を受ける (2012.4.14)

13日の三条は夕方に向かって雲が広がったが、それまでは抜けるような青空が広がり最高気温14.8度 (2012.4.13)

燕市・安了寺の県指定天然記念物「八王寺の白藤」の保存会「八王寺大白藤保勝会」が県、市の補助金を受けて大雪でつぶれたフジ棚の修理を開始 (2012.4.13)

東三条駅となりの「海茶屋」がオープン30周年記念で15日から19日まで焼酎1杯30円などの特別サービス (2012.4.13)

15日に燕市・大河津分水桜並木や地蔵堂本町通りで第70回の節目の分水おいらん道中、準備期間もたっぷりあった2年ぶりの開催で期待も膨らむ (2012.4.313)

花見も本格的なアウトドア用品でとスノーピークが花見のお勧めアイテムを特集ページで提案 (2012.4.13)

第70回分水おいらん道中のPRに画像認識AR技術を使ったスマホアプリでプレゼント応募や記念撮影ができる初めてのサービス (2012.4.12)

弥彦駅前・停車場通りで早咲きのヒガンザクラがほころび、ようやく待ちに待った花見シーズンへ (2012.4.12)

「しただ郷うきうきフェスタ実行委員会」が下田地域ビューポイントや食事どころを掲載した「越後三条 しただ郷観光マップ」を作成 (2012.4.12)

1カ月後の三条祭りに備えて三条祭り若衆会が大名行列連絡会議、大名行列と舞い込みで意見交換 (2012.4.12)

「水道の塔」の名で親しまれる燕のランドマークの改修工事完了を祝って14日に燕市の旧配水塔改修記念式典、本宮宏美フルートコンサートも (2012.4.11)

「燕を愛するライトアップ倶楽部」が14日から燕消防署前の中ノ口川左岸のサクラのライトアップを行うために投光器を設置 (2012.4.11)

1999年に廃線になった新潟電鉄の通称「かぼちゃ電車」と旧月潟駅を保存する「かぼちゃ電車保存会」が保存13周年記念開放 (2012.4.11)

分水おいらん道中が行われる15日にNPO法人信濃川大河津資料館友の会が同資料館4階展望室で来館者に無料で抹茶と菓子をふるまう (2012.4.11)

23日まで済生会三条病院で「墨彩画 藤井克之展」、墨彩画を描く画家、藤井克之さんの小品21点を展示 (2012.4.11)

10日の三条は青空が広がって5月上旬から中旬並みの最高気温19.7度、ことし2番目の暖かい陽気にサクラは開花へ加速 (2012.4.11)

海外通貨取引にかかる利殖勧誘の特殊詐欺の被害を防いだ第四銀行三条支店と窓口で対応した女性職員に三条署から感謝状 (2012.4.11)

三条中央自動車学校が園児の交通安全教室、アンパンマンとバイキンマンにふんした職員も登場してプロが交通安全を指導 (2012.4.10)

10日行われた国定勇人三条市長の定例記者会見で発表された11項目の概要 (2012.4.10)

三条信用金庫がことしも地元の交通安全に役立ててもらおうと三条市にカーブミラー5基を寄付 (2012.4.10)

春の全国交通安全運動で燕中央自動車学校で自動車教習生らによる交通安全街頭指導所、ドライバーのタマゴが先輩に交通安全を呼びかけ (2012.4.10)

「スナックマンマ」経営の五十嵐さん、27周年記念チャリティーパーティーでことしもまゆ玉に下がった善意18万円余りを三条市に寄付 (2012.4.10)

震災がれき受け入れに向けて三条市が5月4日に中央公民館、5日に嵐南公民館で「放射能と私たちのくらし」をテーマに市民学習会開催 (2012.4.10)

9日の三条は最高気温16.4度で4月中旬から下旬並み、燕市で春の風物詩、白線引き、ツクシも伸びる (2012.4.10)

15日の第70回分水おいらん道中に向けて大河津分水でサクラ並木のライトアップが始まり、観光案内所がオープン (2012.4.9)

三条市・本寺小路の「本寺小路元気プロジェクト」が4、5、6月の3か月間、1人2,000円以上の飲食で「パルムパーキング」の夜間駐車料金を無料に (2012.4.9)

岩室温泉・高島屋で30日まで越後三条鍛冶集団による鍛冶職人が製作した越後三条打刃物の包丁やなどなどを展示、販売 (2012.4.9)

今なお残雪をいただく弥彦山を仰ぐ弥彦温泉街で弥彦湯かけまつり、サクラのつぼみもかたく遅い春に観光シーズン幕開きを告げる (2012.4.9)

第46回雪椿まつりミス雪椿コンテストに過去10年で最多の61人が応募、第一次審査会に進むミス雪椿候補11人が決まる (2012.4.9)

【藤井大輔&芳輔の鉄道コラム「鐵道双見」】久須美父子が私財を投げうって1912年に越後鉄道開業、27年に国有化されるも買収をめぐる政治介入が越後鉄道疑獄として表面化 (2012.4.8)

燕市内にある文化財の所有者や管理者と行政をつなぐきっかけにと燕市教育委員会が「つばめ文化財だより」発刊 (2012.4.8)

7日朝の三条市の市街地は一面の銀世界に逆戻りして三条消防南分遣所では積雪6センチ (2012.4.8)

済生会三条病院が内視鏡手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を県内で初めて導入、ことし4月に保険適用となった前立腺がんの全摘除術に活躍 (2012.4.7)

JAにいがた南蒲が7、8の2日間、保内緑化木センターで「春の植木祭り」、植木の展示即売や植木オークションで今シーズンの売り出しをスタート (2012.4.7)

7日の三条は明け方の最低気温0.2度、雪も積もって季節外れの銀世界に逆戻り (2012.4.7)

7日朝、燕市吉田地区のラーメン店が全焼する火事 (2012.4.7)

14日からの燕消防署前のサクラのライトアップとあわせて旧配水塔のライトアップも実現へ (2012.4.7)

6日の三条は朝方、4月初旬というのに雪やみぞれが降る寒の戻り (2012.4.6)

雪やみぞれが降るあいにくの天気のなか三条市内24小学校がそろって入学式、839人の1年生が入学 (2012.4.6)

春の全国交通安全運動にあわせて入学式の三条市大崎小の玄関前で春の交通安全運動出発式と新一年生交通安全キャンペーン (2012.4.6)

春の全国交通安全運動初日の6日、燕市交通安全対策協議会15日の分水おいらん道中の「信濃太夫」を一日交通課長に任命して特別街頭指導 (2012.4.6)

15日の第70回分水おいらん道中をハイライトに6日から分水桜まつりを前にぼんぼりの設置作業などが行われる (2012.4.5)

燕市・成人式実行委員会が成人式会場で募金した東日本大震災義援金に寄せられた善意2万7,533円を燕市内に避難している人に役立ててと燕市に寄付 (2012.4.5)

三条市医師会准看護学院が第49期生入学式、倍率2倍の難関を突破した33人が入学して准看護師を目指す (2012.4.5)

今春、燕市内の事業所に就職した新卒者、21社の78人が出席して燕市で新規学卒就職者歓迎会 (2012.4.5)

映画『僕等がいた』に主演の生田斗真さんと三木孝浩監督がワーナー・マイカル・シネマズ県央で舞台あいさつ (2012.4.5)

塩害で電線のスパークが多発し、燕・弥彦消防と三条消防だけで警戒出動は実に146件を数える (2012.4.5)

県内を襲った暴風に続いて4日夜になって塩害が原因と思われる電線がショートして火花が出るトラブルが多発、県央地域の消防本部にも次々と119番通報 (2012.4.5)

発達した低気圧の影響で3日夜から暴風が吹き荒れた三条は4日の朝方からようやく風が収まり始め、しだいに台風一過のような穏やかさに (2012.4.5)

「磨き屋栄治」こと川崎栄治さんが撮りためたビデオ映像から5本を動画投稿サイト「YouTube」にアップロードしてネットから地元燕市の魅力を発信 (2012.4.5)

4日午後1時現在の低気圧の発達に伴う三条市の暴風被害などのまとめ (2012.4.4)

4日午後1時で県内の停電は延べ約19万戸、燕市でもなお約1,315戸が停電し、停電に見舞われた水道町保育園には白根ガスが貸し出し用ストーブ4台を無償貸与 (2012.4.4)

瞬間最大風速35.1メートルを記録した燕市の吉田地区で起きた工場倉庫倒壊の被害状況が明らかに、住宅の一部損壊、農業用ビニールハウス損壊、停電など大きな被害が出る (2012.4.4)

三条市でもプレハブ小屋が吹き飛ばされたり、建物の外壁や屋根のトタンが飛ばされるなどの被害 (2012.4.4)

暴風のため燕市吉田鴻巣地内で深夜に工場が倒壊、隣接する住宅に被害が出て1世帯3人が防災センターへ避難 (2012.4.4)

4日未明に燕市吉田地区で小屋1棟が全焼する火事 (2012.4.4)

燕市・菊地副市長の死去で3月29日を最後にブログの更新を休んでいた鈴木市長が5日ぶりに更新を再開 (2012.4.3)

2日の三条は曇りがちながら正午ころを中心に日が差して最高気温は9.6度の穏やかな陽気 (2012.4.3)

6日まで済生会三条病院で第十二回写楽友人会写真展「カメラのアサノ」のベテラン常連客の作品が並ぶ (2012.4.3)

燕市教育委員会が文芸誌『文芸つばめ』第5号を発刊、市民195人の219点を収録し、挿し絵は市内の日本画愛好会「彩好会」が (2012.4.3)

2日夜、三条市内のホームセンターで昨年から数えて3回目のぼや (2012.4.3)

燕市教育委員会が燕市教職員辞令交付式で市内小中学校に異動した74人に辞令を交付 (2012.4.2)

三条市暴力団排除条例が施行されたのにあわせて県内商議所初の「反社会的勢力に対する基本方針」を制定した三条商議所が三条署で暴力団排除宣言 (2012.4.2)

燕市で新規採用職員の入庁式、新規採用の22人に辞令を交付 (2012.4.2)

三条市は市役所三条庁舎で新採用職員辞令交付式を行って新採用の20人に辞令を交付 (2012.4.2)

燕市が辞令交付式で4月1日付けで異動した課長級以上の14人に鈴木力市長から辞令書 (2012.4.2)

東日本大震災で三条市内に避難している人同士や市民との交流拠点施設「ひばり」でボランティアにあたった5人に感謝状 (2012.4.2)